遺族年金を受給している母親を扶養家族に出来るか

 遺族年金を年間200万円ほど受給している母親を扶養家族として登録出来るかという場合、実際に扶養している場合は、所得税の扶養家族として登録することが出来ます。

 所得税の扶養家族として登録できるのは、年間所得が38万以下の人と定められておりますが、パートで働いている場合年間103万以下なら、65万円を控除できるので、所得は38万以下に該当し、扶養家族でOKとなります。

 それでは、遺族年金200万はどうなのかというと、遺族年金自体が非課税所得となっているので、200万ももらっているのに所得はゼロということになります。

  というわけで200万の遺族年金をもらっている母親を所得税の扶養家族として登録することが出来るということになります。一方、健康保険の扶養家族に出来るかという問題では、遺族年金も収入と判断されますので、一定水準以上なので、健康保険の扶養家族にはなれないことになっています。

 但し、年間所得38万以下という要件はクリアーしたとしても、実際に扶養していることが必要になりますので、独立して、自立し、一人で生活しているような母親であれば、いくら38万以下だとしても、実際に扶養しているわけではない場合は、扶養家族として登録出来ないのは言うまでもありません。

  このへんを勘違いしている人はかなり多いと思います。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック