健康保険の扶養家族と所得税の扶養家族では、基準が違う

年間200万円の遺族年金を受給している母親は、所得税の扶養控除対象にすることができるのですが、健康保険の扶養家族に出来ないことになっています。

健康保険の扶養家族にする場合は次の要件があり、所得税とは異なっています。

①被保険者と同一世帯の場合 (130万円未満 60歳以上障害者180万円未満)かつ被保険者の年収の半分未満であれば被扶養者
②被保険者と同一世帯でない場合(130万円未満 60歳以上障害者180万円未満)かつ被保険者の仕送り額より少ない場合 原則 被扶養者

健康保険の扶養家族の要件は、かなり緩やかで、一旦扶養家族となってしまえば、そのあとに内緒で収入が130万をこえてしまっても、ずうっーと扶養家族のままとなっていることが出来たりします。

このへんが、税法のように、きちっと整理されておらず、インチキで、加入が出来たりして不公平さを生む要因となっていると思います。

扶養家族に入れるときに、所得証明を義務付けたりする健康保険組合があったりしますが、すべてではありませんので、きちっと裏づけをとって判定すべきと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック