もうすぐ60歳なのですが、社会保険庁から年金関係の通知が来ています。どうしたらよいですか。

 昭和28年4月1日(女性は昭和33年4月1日)以前に生まれた人は、年金をもらえる要件を満たしていれば、60歳から特別支給の老齢厚生年金をもらうことが出来ます。会社に勤めている場合は、もらう給与の金額に応じて、支給される額が減額されることになります。
  平成21年1月現在で、年金と給与の合計が28万以上となる方は、年金が一定の計算式でカットされます。給与の金額が大きい方は、全額カットされてしまうケースもあります。

  さて、質問の件ですが、60歳になった段階で、全額カットされてしまう人も、そうでない人も、年金の裁定請求書を社会保険事務所に提出して、年金の金額を確定させておく必要がありますので、答えは「年金の裁定請求書を社会保険事務所に提出する」ということになります。

尚 特別支給の年金をもらえる年齢は、少しずつ遅くなり、それぞれつぎのとおりとなっています。

   昭和28年4月2日以降昭和30年4月1日以前生まれの男性は  61歳から
   昭和30年4月2日以降昭和32年4月1日以前生まれの男性は  62歳から
   昭和32年4月2日以降昭和34年4月1日以前生まれの男性は  63歳から
   昭和34年4月2日以降昭和36年4月1日以前生まれの男性は  64歳から
   昭和36年4月2日以降生まれの男性は                65歳から

   上記の年齢になる直前に、社会保険庁から厚生年金関係の通知が届くことになっています。もし該当しているのに届かないときは、社会保険事務所に聞いてみることをお勧めします。住所が昔の住所で登録されている可能性が高いです。

   女性は、上記男性の生年月日より5年の差がありますので、ご注意願います。


 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック