国民年金の第3号被保険者とは

国民年金の第3号被保険者の代表的な例は、  

厚生年金に加入しているサラリーマンの扶養家族となっている妻です。

妻の年齢は、20歳から60歳までが対象です。

(妻が働いて、夫が扶養されている場合は、上記の逆となります。)

国民年金の第3号被保険者は、国民年金に加入してはいるものの、保険料は夫の

厚生年金保険料の中に含まれているということにして、只ということになっています。

但し、例外として

  夫が厚生年金に加入していても、65歳以上となった場合は、その時から妻は、

3号被保険者から1号被保険者となり、それまで無料だった国民年金保険料を

納めなくてはなりません。

  何か変なルールですが、こういったケースはかなり少ないので、あまり騒がれて

いません。同じ厚生年金保険料を支払っているのですから、一律無料とすべきもの

と思います。

  逆に、公平かどうかという視点で考えれば、サラリーマンの妻も、一律で国民年金の

保険料を支払う制度に変更するべきものと考えています。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック