相続した土地を国に寄付したいが、可能でしょうか

相続した土地が、崖とか、無道路地とかで、全く利用価値がないという

場合があります。この場合、相続しても何の意味もなくただその土地の

評価額に応じて相続税は支払わなければならず、厄介なものとなります。

そこで、その土地を国に寄付してしまえば、相続税もかからず、ラッキー

となるのですが、どっこい、国としても、そんな厄介なものを引き受ければ、

国民の税金で、維持管理することになる訳ですから、当然に拒否されることに

なります。

 それでは、物納してしまえばどうかということになりますが、これもやはり、

処分が困難なものは、物納不適格財産として、拒否されることになります。

 唯一、国の財産として受け入れてもらう方法とて、相続財産すべてを放棄してしまう

という方法があります。

 相続人がいない場合とか、放棄されてしまった場合は、国家の財産となることが

決まっているからです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック