日本が単独で為替介入をするとどうなるか

 
円高で日本が為替介入を単独で実施するとどうなるかとふと考えてみました。

為替介入は、政府が実施することになりますが、円高を円安にするための為替介入は、結局、日銀から政府が借入をして、その資金でドルやユーロを買いまくれば実現するわけですから、円安にするための介入は資金自体が輪転機で印刷した日本の円を売って外貨に変えるわけですので、
日本単独で、どんどん、青天井に出来てしまいます。
輪転機で印刷した日本の円が多すぎてしまえば、円安が止まらなくなり、インフレとなりますので、ほうっておくとたいへんですので、円が安くなったころで、少し円を買い戻すことが必要になるとは思います。

なぜかとっても簡単なことのように思いますが、如何なものでしょうか。

 ただし、外貨準備がほとんどない状態で、逆に円を強くしようとすると、外貨をどんどん売却して、円を買い戻さなければなりませんから、外貨の在庫が無くなってしまえば、それでストップとなります。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0