複数の会社の役員をしていて、社会保険に加入するケースの 取り扱い方

 社会保険に加入する対象は、3/4以上の勤務者となりますので、サラリーマンですと、2社に籍があっても、どちらか1つがメインとなり、2社とも加入対象にはならないと思いますが、

2社の代表取締役である場合でそれぞれから報酬が支払われる場合は
2社ともに社会保険に加入することになります。

その場合、それぞれの会社で手続きをしたのちに、健康保険、厚生年金保険 被保険者所属選択・二以上事業所勤務届、を選択予定の年金事務所に提出すると同時に、選択しない予定の会社の健康保険証を返納することになります。

保険料については、2社である場合は、2社からそれぞれ支給されている報酬の割合に応じて、保険料を決定して、各社あてに保険料の請求書が、年金事務所から送付されることになります。

ということで、この場合、本人から徴収する保険料は、各社で、按分して計算する必要があります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック