複数の会社の役員をしていて、社会保険に加入するケースの 取り扱い方

 社会保険に加入する対象は、3/4以上の勤務者となりますので、サラリーマンですと、2社に籍があっても、どちらか1つがメインとなり、2社とも加入対象にはならないと思いますが、 2社の代表取締役である場合でそれぞれから報酬が支払われる場合は 2社ともに社会保険に加入することになります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判官は、投資活動は禁止されているようです

地方勤務の裁判官から、1億3千万円を銀行から借入し、年間1100万の家賃収入を得る予定の計画の許可を申請したところ、最高裁判所は、NGの決定を通知したそうです。計画は、投資活動になるからダメということのようです。裁判官は厳しいルールで縛られているようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more