社会保険料の削減方法その3

厚生年金の毎月の給与関係の等級は、上限が62万となっているため、年収が762万以上となるケースの場合、たとえば年収が900万で、内毎月給与が762万+賞与138万の場合、と毎月の給与が75万×12の900万とする場合はでは、賞与がゼロのケースのほうが、138万分に厚生年金料率がかからないので、10万ほど会社も本人も保険料を削減することが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会保険料の削減方法その2

社会保険料は、毎月の給与の社会保険料と賞与の時の社会保険料の2本立てになっています。単純に支払った金額に料率を掛けるなら、削減方法など関係がないのですが、賞与は1回につき厚生年金保険料が150万以上の部分、健康保険料は4月1日から翌年3月31日までの間の累計で540万以上の部分には、保険料をかけないというルールとなっています。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会保険料の削減方法その1

厚生年金と健康保険は、毎年4月、5月、6月の3ヶ月分の給与の平均によってその年の9月分の保険料から変更されることが原則となっています。ということは、この3ヶ月の給与が低くければ、9月からの1年間は、低い等級が適用されることになるので、この3ヶ月間は、極力残業などしないで、残業手当など削減することで、平均給与を低くすれば、社会保険料を抑え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単身赴任で住所が2つある場合の源泉徴収票の住所はどちらにするのか

単身赴任で住所が2つある場合は、残した家族の住所が、本人の主たる住所になるものと思いますので、そちらにすべきであろうと思われます。 しかし、単身赴任している本人が、単身赴任先の住所を選択した場合は、単身赴任先の市区町村に住民税を支払うことになります。 結構いいかげんというか、緩やかというか、住民税はファジーな部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住民登録の住所と現住所が異なる場合の源泉徴収票の住所はどちら

住民票は、田舎の実家にしたまま、東京の現住所から会社に通勤しているという人は、年末調整のときに会社に提出する扶養控除申告書にどちらの住所を記入するのが正しいでしょうか。 正解は、住民登録をした住所ではなく、東京の現住所です。 結果として、源泉徴収票に記載された住所を管轄する市区町村に住民税を支払うことになります。 年末…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more