テーマ:年金

国民年金の第3号被保険者とは

国民年金の第3号被保険者の代表的な例は、   厚生年金に加入しているサラリーマンの扶養家族となっている妻です。 妻の年齢は、20歳から60歳までが対象です。 (妻が働いて、夫が扶養されている場合は、上記の逆となります。) 国民年金の第3号被保険者は、国民年金に加入してはいるものの、保険料は夫の 厚生年金保険…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ60歳なのですが、社会保険庁から年金関係の通知が来ています。どうしたらよいですか。

 昭和28年4月1日(女性は昭和33年4月1日)以前に生まれた人は、年金をもらえる要件を満たしていれば、60歳から特別支給の老齢厚生年金をもらうことが出来ます。会社に勤めている場合は、もらう給与の金額に応じて、支給される額が減額されることになります。   平成21年1月現在で、年金と給与の合計が28万以上となる方は、年金が一定の計算式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more