テーマ:保険料削減

社会保険料の削減方法その4

社会保険料は、給与の金額、賞与の金額にかかってくるので、給与でなく、外注費として支払うことが出来れば、根っこから削減が可能となります。本当は給与なのに、外注費としてしまうというやり方は、当然違法ですし、お勧め出来ませんが、平気で実施している企業もあるやに聞き及んでいます。 合法だと言い張っても、実態が給与であれば、それを外注費とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会保険料の削減方法その3

厚生年金の毎月の給与関係の等級は、上限が62万となっているため、年収が762万以上となるケースの場合、たとえば年収が900万で、内毎月給与が762万+賞与138万の場合、と毎月の給与が75万×12の900万とする場合はでは、賞与がゼロのケースのほうが、138万分に厚生年金料率がかからないので、10万ほど会社も本人も保険料を削減することが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会保険料の削減方法その2

社会保険料は、毎月の給与の社会保険料と賞与の時の社会保険料の2本立てになっています。単純に支払った金額に料率を掛けるなら、削減方法など関係がないのですが、賞与は1回につき厚生年金保険料が150万以上の部分、健康保険料は4月1日から翌年3月31日までの間の累計で540万以上の部分には、保険料をかけないというルールとなっています。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会保険料の削減方法その1

厚生年金と健康保険は、毎年4月、5月、6月の3ヶ月分の給与の平均によってその年の9月分の保険料から変更されることが原則となっています。ということは、この3ヶ月の給与が低くければ、9月からの1年間は、低い等級が適用されることになるので、この3ヶ月間は、極力残業などしないで、残業手当など削減することで、平均給与を低くすれば、社会保険料を抑え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more